チャン・グンソクとスマップ

チャン・グンソクとスマップ

日本でとても注目度の高いチャン・グンソクがビストロSMAPに現れました。
今までも多くの韓流スターが登場している番組で、数多くの人々がチャン・グンソクの出番を心待ちにしていました。

イ・ビョンホン、チェ・ジウ、チャン・ドンゴン、リュ・シウォンといったスターがゲストとなりました。
ビストロSMAPのゲスト出演が決定してから予告CMが放送されるようになり、たくさんのファンが放送を楽しみにしました。
番組に現れたチャン・グンソクは、「美男ですね」のテギョンのイメージを崩さず茶目っ気いっぱいに振舞っていました。

韓国語を学んだ草なぎ剛が韓国語で話しかけてコミュニケーションをとろうとしたのですが、非常に流暢な日本語で答えるチャン・グンソクが和やかな雰囲気を作っていました。
チャン・グンソクを担当していた通訳を通して、草なぎ剛の話す韓国語の訳を聞いていました。
要するに、通訳が必要ないほどチャン・グンソクは非常に日本語がうまく喋れるということなのです。

独自で日本語を習得するほど、日本には興味があったのでしょうか。
実は中学生のときにSMAPに興味を持って、日本語を徐々に勉強するようになったそうで、それが現在非常に役立っているようです。
日本でのこれほどの高い人気を得る前の2006年には、日韓共同制作の「着信アリ ファイナル」に起用されています。

そのときにはもうそれなりに日本語が分かっていたようで、クランクインでの日本語の挨拶が日本人に好評価を与えたとされています。
日本での活躍を感じ取っていたのでしょうか。
着信アリの中で、言葉を聞く事はできませんでしたが、日本語学習は以降の日本での躍進に良い影響をもたらしているようです。