チャン・グンソクの映画

チャン・グンソクの映画

チャン・グンソクの一番新しい出演作品は「君はペット」という名前の映画です。
小雪と嵐の松本潤が主演を務めた2003年のドラマを、韓国で映画として作ったものです。

これは元々Kissに掲載されていた日本の漫画で、頭も容姿も素晴らしいキャリアウーマンの主人公が、失恋と左遷から青年をペットとして飼い始めると言うラブコメディーです。
韓国のネチズンから熱烈な支持を受けている作品で、仮想キャスティングもされていたほど注目度が高い作品です。

かなり前に行われたインタビューで、「君はペット」のような年上女性と年下の男性からなるロマンティックなコメディーに出たいと話していました。
この思いが叶ったわけです。
チャン・グンソクの相手役を演じるのは、韓国で高い人気を誇るキム・ハヌルで、キャスティング段階から期待値が高まっています。

3月3日に茨城空港で「君はペット」の制作発表会が催されました。
韓国より優先的に行われたため、大勢の取材陣が足を運びました。
「美男ですね」が日本で放送されてからだったので、数多くの記者が集まり我先にと取材攻勢を仕掛けていました。

韓国の国内においては、キム・ハヌルのネームバリューの方が高いのですが、日本ではやはりチャン・グンソクが大注目されていました。
日本の「君はペット」の印象が根強く残っている作品にチャレンジするチャン・グンソクは、本業の俳優としての実力を発揮するために努力を惜しまず行動しています。

天才ダンサーとして振る舞えるようにとダンストレーニングにも懸命に行っているようです。
そのうえ、この映画においては今までなかったほどの露出シーンが組み込まれているということで、より一層のファンが関心を持っています。