チャン・グンソク

美男ですね

日本においてチャン・グンソクの人気が沸騰する発端となったのは作品「美男ですね」です。
現在多くの女性ファンがいますが、チャン・グンソクのキャリアが長いことをご存知でしょうか。

ドラマや映画に多く出演するようになった今の彼は、第二の演技人生が始まったと考えられています。
そう言われるほど長い芸歴を持つのですが、子役からの脱皮は困難ではなかったようです。
韓国だけでなく日本でも人気を集めたのは「美男ですね」ですが、韓国でスポットが当たったのは「ファン・ジニ」におけるキム・ウノの役でした。
この作品は2007年のもので弱々しい両班の息子役として出ましたが、はかなさのある演技によってドラマ序盤に強い印象を残しました。

やんちゃな今のイメージとは真逆の、チャン・グンソクの思わぬ一面が見れる作品です。
翌年の2008年は、更に2つものヒット作品に出ました。
「ベートーベン・ウイルス」と「快刀 洪吉童(ホン・ギルドン)」では、前回のドラマとは違ったキャラクターに変身しました。
「ベートーベン・ウイルス」においては、天才肌のトランペット奏者を演じ、「快刀 洪吉童」ではイ・チャンフィという先王の嫡子で復讐心に燃える難しい役どころでした。
「美男ですね」より前の作品ではやんちゃなイメージはなく、自分の気持ちを隠しているような物静かな青年が中心でした。

しかし、「美男ですね」のファン・テギョンでは、完璧なイケメンからは考え付かないような突飛な難点のある性格の青年として出演しました。
とても神経質な性格で重症なアレルギー体質、上から目線のナルシストな上にヒステリックという天才ピアニストであり、優れた作曲能力を持つ最高なバンドのボーカルです。
その役が、チャン・グンソクに合い、爆発的な人気につながりました。